楽器可賃貸市場の魅力とは?

防音構造の楽器可賃貸マンションは、今まで音大生向けの音楽大学付近のエリアの学生をターゲットとしたニッチな市場であると思われてきました。
しかし他のエリアにおいても音楽を趣味とした社会人の方の大きなマーケットが存在することが、弊社の防音賃貸マンション実績等によって実証されています。
平成23年に総務省が実施した社会生活基本調査によると、楽器を演奏している人は10歳以上の人口比で9.6%・年間平均行動日数は79.3日でした。マンション経営における主なターゲットである20~24歳が16.1%・25~29歳が11.7%・30~34歳が10.4%・35~39歳が10.2%と10人に1人以上が楽器の演奏をしています。
本来ニーズのある通勤アクセスの良いエリア等に、良質な楽器可防音賃貸マンションが圧倒的に不足しているのが現状です。
楽器可防音マンションの空白地域の多い今なら地域で一番儲かる賃貸マンションオーナーになる事も夢ではありません。
ブランド力や規模では大手企業の提供する大規模物件には勝てなくても、利益率で勝る(売上を上げ、コストを下げる)ことは可能です。
モノやサービスの価格は需要と供給の関係で形成されます。楽器可防音物件が大幅に不足している今こそ最大の先行者利益を得ることが可能なのです。
楽器可防音賃貸「サウンドプルーフ」では、満室の為にウェイティング(空き待ち)が発生することも多く、ウェイティングリストを設け空きが発生次第リストに登録されている方々に物件情報公開前に優先して空き情報をお知らせして、常時満室経営を目指しております。
ツナガルグループでは、用地取得のお手伝いから立地に合わせた企画立案、集合住宅・賃貸併用住宅等の建築設計・監理業務、コンストラクション・マネジメント業務(construction management : 建設費のコスト管理・複数の建設会社による見積り比較・品質管理等)、販売、管理までをワンストップのサービスで行っており、弊社プロのコンサルタントが土地オーナー様を全力でサポートいたします。

 

楽器可賃貸市場Q&A
Q1.現在の楽器演奏人口はどれくらいいますか?
A1.国内では1094万人が現在の楽器演奏人口です。
過去1年に楽器の演奏をした人は、10歳以上人口 1億1406万1000人の9.6%
現在の楽器演奏人口は1094万人います。
平均行動日数79.3日
1年間に平均79.3日楽器を演奏しています。
1週間に平均1~2回楽器を演奏しています。
出典:総務省平成23年社会生活調査・生活行動に関する結果より


Q2.今後、
楽器演奏をできればしたいと思いますか?
A2.9割弱
(88%)の人が楽器を演奏したいと考えています。
楽器演奏をしたいと思うか


出典 
株式会社イードが2013年8月に30~60代の楽器演奏の経験のある
男性800名を対象に実施した「音楽と楽器に関する調査」より


Q3.楽器可賃貸市場って将来性はあるのでしょうか?
A3.市場が成長する可能性を秘めた潜在需要の大きい魅力的なマーケットと言えます。

需要供給

Q4.楽器可賃貸サウンドプルーフ®ってどのような方が入居されていますか?
A4.25歳から45歳の男性が入居者の8割、アッパーミドル層の所得の安定した社会人が9割を占めています。

 

入居者属性1入居者属性2 

Q5.楽器可賃貸サウンドプルーフ®の入居者はどんな楽器を演奏していますか?
A5.ピアノ・ギター・声楽が4分の3を占めています。
入居者属性3

注)ドラム・金管楽器等全ての楽器演奏が可能なサウンドプルーフプロ®のデータは含まれておりません。

Q6.今後演奏してみたい楽器は何ですか?
A6.およそ7人に一人はドラム・金管楽器等の100dBを超える大音量や振動を発する楽器の演奏を希望しています。
演奏したい楽器

出典:株式会社イードが2013年8月に30~60代の楽器演奏の経験のある男性800名を対象に実施した「音楽と楽器に関する調査」

只今、資料請求やお問い合わせを頂きました方にもれなく、楽器可賃貸サウンドプルーフ®のパンフレットおよび幻冬舎出版『”楽器可防音マンション経営”で実現する鉄壁の資産防衛』をプレゼントいたします。

お問い合わせ内容 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス確認用 (必須)

住所 (必須)

電話番号

メッセージ本文

非公開物件の情報配信を希望します

年収(必須)

自己資金(必須)

職業
会社員会社役員公務員医師・弁護士賃貸経営自営業その他

 

 

注)弊社ホームページ記載内容・画像等の無断転載・無断利用を固く禁じます。

PAGE TOP