【第2回】集合住宅内の「楽器演奏音」はどの程度の騒音レベルなのか?

前回は、なぜ「楽器可防音賃貸マンション」が不動産投資先として有望なのかを説明しました。今回は、楽器演奏音がどの程度騒音として認識されているのか、身近な音と比較しながら見ていきます。

楽器の演奏音は「騒音」以外のなにものでもない

マンション内の「騒音」問題に関して、一般の住民以上に神経をとがらせているのが、楽器の演奏を仕事や趣味としている人たちです。

なぜなら、ピアノやバイオリン等の楽器から出る音は、それらを演奏しない人にとってはまさに「騒音」以外のなにものでもないからです。

音の大きさや強さを表す際には、「デシベル」という単位が用いられています。一般に50~60デシベルの範囲を超えれば「騒音」と評価されると考えられています。たとえば、大田区では「日常生活に係る騒音・振動の規制基準」を下記図表にあげたような形で示しています。

[図表]日常生活に係る騒音・振動の規制基準

ご覧のように、マンションが建つことを想定している第二種区域では、日々の生活や仕事の中で発する音が、隣地との境界において最大で50デシベル、商業地や工業地でも最大60デシベルの範囲内におさまることが求められているのです。

ピアノの音は「電車通過時のガード下の騒音」と同じ

数字だけでは「騒音」のイメージがいまひとつ具体的にわからないかもしれません。そこで、身近で聞こえる音の大きさをデシベルで示してみましょう。

20デシベル 木の葉の触れ合う音、置き時計の秒針の音(前方1メートル)

30デシベル 郊外の深夜、ささやき声

40デシベル 市内の深夜、図書館の中、静かな住宅地の昼

50デシベル 静かな事務所の中、クーラー(室外機始動時)

60デシベル 静かな乗用車、普通の会話

70デシベル ステレオ(正面1メートル・夜間)、騒々しい事務所の中、騒々しい街頭

80デシベル 地下鉄の車内

90デシベル 騒々しい工場の中、犬の鳴き声(正面5メートル)、カラオケ(室内中央)

100デシベル 電車通過時のガード下

110デシベル 自動車の警笛(前方2メートル)、リベット打ち

120デシベル 飛行機のエンジンの近く

ちなみに、ピアノの音は、通常、100デシベル前後なので、犬の鳴き声やカラオケよりもさらに大きな、電車通過時のガード下で耳にするような音に匹敵するレベルです。ピアノを弾いている人は、このようにとりわけ大きな「騒音」を出していることになります。

 


本連載は、2016年3月1日刊行の書籍『”楽器可防音マンション経営”で実現する鉄壁の資産防衛』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

大塚五郎右エ門

ツナガルホールディングス株式会社
ツナガルデザイン株式会社
代表取締役CEO

University of Wales(英国国立ウェールズ大学経営大学院)にてMBAを取得。鎌倉時代から700年続き、「大田区で一番古い地主」といわれている27代目。一級建築士、宅地建物取引士。不動産コンサルティングマスター。土地有効活用の企画・資産組み替え・設計・仕入・ファイナンス・開発・賃貸・管理まで、オーナーの手を煩わせることなく、「ワンストップ」でサポートしている。資産家に向け、「相続税対策・資産承継等に貢献できる賃貸経営」の提案を行う。2015年、日本初の集合住宅の防音構造(「全戸三重防音構造」)で特許を取得。

『”楽器可防音マンション経営”で実現する鉄壁の資産防衛』
51A+hoIcGRL

assocbutt_or_buy__V371070157_

出版 幻冬舎  発行日 2016年3月1日
著者 大塚五郎右エ門
amazonランキング 不動産投資/アパート・ビル経営 2部門にて『ベストセラー1位』獲得!

注)2016/4/24調査時点

資産を守り抜くには「投資」で増やすしかない時代――
しかし、株や債券、投信といった人気商品はリスクばかりが大きく、資産を食い潰す危険性をはらんでいます。長期にわたり安定した収入を得るために、いまもっとも注目すべきは収益不動産への投資です。「希少性」「将来性」「好立地」の一棟マンション、とくに「楽器が弾ける防音物件」ならば、時流に左右されず、鉄壁の資産防衛を実現できるのです。

PAGE TOP